裏側アンカースクリュー矯正を(裏側インプラント矯正)
さらに進化させた、「i-station」とは?

3次元的に動かせるという特徴

アンカースクリュー矯正(インプラント矯正)は
一方向にしか動かせないという欠点がありました。

そのため、複雑でいろいろな方向に歯を動かさなければいけない症例は、
たくさんのアンカースクリューを埋入する必要がありました。
また、治療途中で歯を動かす方法を変えなければいけないようなとき、
アンカースクリューを打ち直したり、追加したりする必要がありました。

さらに、アンカースクリューは歯と歯の間に打つため、歯根を傷つけてしまう危険性がありました。

そのような短所を克服するために作られたのが、「i-station」です。

たった2本のスクリューだけで3次元的に自由に歯を動かせます。
2本だけなので、患者様の負担も少なくてすみます。

上部が取り外し自由なので、治療途中で歯を動かす方法が変わったとしても、
上部を別なものに取り換えるだけ、アンカースクリューを追加する必要などありません。
また、上顎の真ん中にあるため、歯根を傷つけてしまうこともありません。