裏側アンカースクリュー矯正i-stationの日本先進矯正歯科学会

マウスピース矯正治療とは?

マウスピースは歯冠を覆うように作られます。

歯冠の断面をみてみると三角形になっています。

歯に力を加えると歯根の3分の1のところを中心に回転しようとします。
すなわち歯は倒れようとします。
マウスピースはうまく歯冠をつかむことができないため 、歯はマウスピースから抜けていきます。
アタッチメントなどで歯をつかむ工夫がされていますが、ブラケットほどうまくコントロールできません。
このようにマウスピースは歯根を動かすのが苦手なためどうしても、治療の範囲は限られてしまうのです。